FC2ブログ
株式市場の語りびと
株式市場で起きていることは、すべて原因があって結果がある。その原因を科学的に分析することを目的とする。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.12.09号 原油安は日本株優位

トレンドの方向通り?原油価格が昨年末比約マイナス30%の安値37.51㌦/バレルをつけています。

昨日のNYダウ工業株30種はマイナス0.92%で大した下げではありませんでしたが、景気敏感指数というNYダウ輸送株20種はマイナス2.81%と大幅な下げでした。

世界の景気敏感株といわれている日本株にNYダウ輸送株20種の動きが影響しているのでしょう。

輸送株20種の下げは原油先物価格が今年初めて40ドルを割れて38.24㌦/バレルをつけた日の8/24のマイナス3.52%に次ぐ今年2番目の大幅な下げ率です。

米ダウ輸送株20種の採用銘柄には、鉄道、トラック輸送含まれています。

昨年来、米シェール石油の活況で鉄道、トラック輸送の部門は好調でした。

しかし、世界的な石油需要の低下の影響を受けて米シェール石油業界の減産で、米国内の石油輸送需要も低下しています。

NYダウ工業30種と輸送株20種と原油先物価格の昨年末を100として指数化したグラフ①を見ると、昨年来の原油安と共にシェール石油の活況が削がれ、ダウ輸送株20種が顕著に低迷していることが描かれています。

輸送株

グラフ①の中の輸送株、工業株、原油先物の昨年末比の一覧を見ると、日本株と違ってNYダウ30種が昨年来横這いである理由は、殆ど世界的な原油安による米シェール石油の低迷にあることがうかがい知れます。

今後の米FRBの金利引き上げが緩やかにならざるを得ない理由がここにあります。

過去3年、統計的にはシェール石油掘削地域で顕著な雇用増加が見られたことから、今後のシェール石油業界の雇用動向次第で、安易に金利引き上げは出来ません。

シェール石油掘削業者の資金調達は今まで好調であった米ジャンク債(格付けトリプルB社債)市場に依存しており、お金の流動性にも懸念が生じています。

米社債市場から巨額の資金調達をしたブラジル石油公社ペトロブラスの社債が最近、格下げされジャンク債の仲間入りをしている理由も、原油価格の急落に起因しています。

原油価格の急激な下げには経済の仕組みが急には対応できません。

したがって原油価格の急落は金融問題でもあるのです。

その懸念が株式市場を直撃しているのです。

しかし、このことは原油価格の急落とともにいわれてきた問題であり、目新しい問題ではありません。

一方、昨年の日本の石油輸入代金は約1570億ドル(120円換算で18.8兆円)であり、GDP約500兆円の3.7%に相当します。

昨年平均原油先物価格は92.84㌦/バレルで今年の12/8までの平均は49.62㌦/バレルで、約47%下がっています。

したがって、日本は今年8.8兆円(GDPの約1.7%)の石油輸入代金が減る事になり、そのメリットをどこかが受ける事になります。

東京市場の狭義のエネルギー・資源関連17社の時価総額は11月末5.1兆円で東証1部1920社の時価総額583兆円の僅か0.9%にしか過ぎません。

原油急落の負の部分は米国市場と違い日本の株式市場では軽微です。

先週末の裁定取引に係わる現物の残高株数は18.49億株に急減していることから、12/2からの8月以来の再度の原油先物価格40㌦/バレル割れのマイナス効果を先行させて、裁定取引(円売り・日本株買い)の巻き戻し(円買い、日本株売り)が行われているに過ぎません。

需給による下げは長く続かず、終われば反発します。

サウジなど中東産油国が打撃を受け先行して日本株売却に繋がるかも知れませんが、プラス効果の面で必ず企業数益が向上します。

ドイツ株と日本株は裁定取引の巻き戻し売りに晒されていますが、需給要因なので長くは続きません。

9月安値から日経平均で約3000円戻した後のこの押し目は積極買いと考えます。


(注意:本稿は投資家のために投資判断を行うものではなく、一切の責任を負いません)
にほんブログ村 株ブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://stockview.blog94.fc2.com/tb.php/632-b9cb1f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

勝利の女神がやってくる

Author:勝利の女神がやってくる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。