FC2ブログ
株式市場の語りびと
株式市場で起きていることは、すべて原因があって結果がある。その原因を科学的に分析することを目的とする。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16.1.27号 今晩の米FOMC(連邦公開市場委員会)に期待してじっと我慢の時
米国時間の一昨日1/25のNYダウ208ドル安に驚いて1/26の日経平均は402円安に沈みました。

昨日の上海総合指数は午後から大崩れしましたが、日経平均は前場から前日のCMEの日経平均以上に下げていました。

需給的には1/26は野村の先物が5000枚以上減少していることからみても、先週末のCME日経平均先物価格と比較して今週初めの1/25の相場の戻りが如何にも緩慢であったことと1/25のNYダウの200ドル以上の大幅な下げに誘われて、昨日の相場はノムラ日経レバレッジETFの大量の投げが断続的に続いたのでしょう。

誰が誘っているのかは分かりませんが、米FOMC(連邦公開市場委員会)から何らかの緩和ムードの発言を引き出そうとして相場の下げを誘導している節が見られます。

なぜなら、常識的に考えて、米株式相場が戻れば戻るほど米当局はほっとして、世界の流動性危機をマーケットと共有しないからです。

中国上海総合指数の6.4%という急落のわりには1/26の日経平均の後場の下げ分は、100円幅と意外なほど確りしていました。

米国時間1/26の原油価格は31ドル台に回復し、NYダウは昨年12/4以来の280ドル以上も上昇しています。

原油先物相場の上昇がエネルギー株に買いを誘ったうえに、各社が発表した2015年10-12月期決算が中国をはじめとする海外事業の落ち込みを懸念していた投資家の予想ほど悪くなかったため、不安が和らぎ大幅高となりました。

これを受けて、現在の日本の日経平均は米国時間1/26に300円ほど上昇したCME日経平均先物価格以上の大幅高になり、昨日の下げを帳消しにしています。

これでは米FOMCメンバーは会合までに米国発の世界流動性危機の不安には駆り立てられないでしょう。

昨年末の金融引締めまでの言動から推察すると、イエレン連銀議長もかなり市場の動きに左右されて軸がブレ易い性格です。

しかし、買い支えても買い支えても下がる上海総合指数や人民元安の動きから、米当局と市場の間で「米国発の世界の流動性危機」の共有が出来るかもしれません。

今晩の米FOMCは何らかのアクションまたは発言の可能性が高いと考えます。

米FOMCは政策金利を据え置くと広く予想されていますが、当局が今年4回の利上げ軌道から離れつつあるかどうかを見極めようと、27日の声明に注目が集まります。

今日は下げても上げても買わないまでも、乱高下の中「売らされないこと」のほうが大事です。

日本株はファンダメンタルズよりも「池の中のクジラ」の日経レバレッジ投信の短期個人投資家の気分に振らされている状況にあるからです。

1/24の当ブログの想定する戻り売り局面まで今はじっと我慢して、米FOMCの出方を待つところでしょう。

今晩、米FRBメンバーから今年4回の利上げ軌道の修正について期待したほどの発言がなくとも、次回3月のFOMCが控えているので大きく下がることはないでしょう。

そして、日本時間1/29の午後、日銀政策決定会合が控えており、黒田日銀総裁からどんな発言が飛び出すか分からないイベントを迎えます。

安倍総理・黒田日銀総裁ラインのQQEが復活した場合は日経平均20000円に向けた上昇になる可能性があります。

週足の日経平均のグラフ①を見ると、長い下髭の先を付けた週足のあとは例外なく大幅な戻りを実現しています。

日経平均

じっと我慢のときです。


(注意:本稿は投資家のために投資判断を行うものではなく、一切の責任を負いません)
にほんブログ村 株ブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://stockview.blog94.fc2.com/tb.php/645-b38d3f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

勝利の女神がやってくる

Author:勝利の女神がやってくる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。